Q 「老人ホーム」には種類がたくさんあるのですか?

老人ホームは大きく2種類に分類され、さらに介護・福祉系では3つに分類。そのため、受けられる介護サービスや予算も変わるので、状況にあわせてご提案します。

●介護系・福祉系施設(厚生労働省管轄)
有料老人ホーム・グループホーム・特別養護老人ホーム・介護老人保険施設など住宅と生活支援・介護サービスがセットに提供される高齢者施設です。
民間もあれば公共の施設もあります。

住宅系施設(国土交通省管轄)
サービス付き高齢者住宅(サ高住)やシニア向け分譲マンション。
賃貸借等で住宅を手に入れ、生活支援や介護が必要な時は、外部サービス(別契約)を契約する施設です。
どのような生活を望むかご本人とご家族で確認しましょう。

では最もよく聞く「有料老人ホーム」。
3種類あるのをご存じですか?では、詳しく案内していきます。

1.介護付有料老人ホーム
食事・排泄・入浴の介護サービスをホームスタッフで介護サービス提供する施設です。(洗濯・掃除等の家事・健康管理含む)

  ○メリット
  24時間スタッフが常駐している。定額で介護サービスが受けられる。
  医療ケアも受けられる施設もある。
  ×デメリット
  月額費用が高額なホームもある。

2.住宅型有料老人ホーム
健康管理サービス (安否確認・生活相談)を提供する施設です。
介護・食事・洗濯・掃除等は、外部別契約となる。

  ○メリット
  ほとんどの施設は、24時間スタッフが常駐している。
  ご自身で自ら介護プラン契約(積算式)が出来る。
  ×デメリット
  重介護者の場合、介護サービスが別契約(積算式)なので高額になることがある。

3.健康型有料老人ホーム
健康管理サービス (安否確認・生活相談)を提供する施設です。

  ○メリット
  自由な生活が出来るので楽しい。
  ×デメリット
  介護サービスが必要になると退去になることが多い。