施設の運営体制をみるポイント

入居された後、入居者様の身体状態や要望が変化して、その時の対応が施設側で対応できるかどうかを事前に聞いておくことも大事です、運営体制をみる判断基準になるでしょう。

最近では、施設によって個性が出てきて、認知症に強い・医療ケアに強い・リハビリに強い・夜間ケアや看取り対応をしっかりしているなど、それぞれ特徴がでてきていますので、将来起こりそうなケアに対応できる施設を選ぶといいでしょう。

例えば、認知症状が重度になった場合や、あるいは医療面でのお手伝いが必要になった時に、施設でどこまで 対応をしてくれるのか問題になることがあります。
特に、入院時のサポートは、急な容体変化で必要なサポートなので、しっかりと確認しておく必要があります。これにより、入居後のよくあるトラブルを未然に防ぐことができます。
また、パンフレットでは見ることのできないホームの雰囲気は、見学の時に感じることで、その施設の運営体制が充実しているかわかってきます。笑顔や身だしなみや挨拶がキチンとできているかなど、ちょっとした点もチェックしておくと良いです。特に入居者様に対してどのような言葉遣いで会話しているかなども確認しておくと良いでしょう。